APEOGIKEN

有限会社アペオ技研

 

 

 

 

 

コンピュータビジョンの分野において開発された,デジタルカメラで撮影された画像からカメラ撮影位置を推定し,三次元形状にする技術です。

 

 

 

 

 

SfM (Structure from motion)ソフトウェアによる解析作業フロー

 

 

 

デジタルカメラによる写真撮影

写真撮影位置の推定

三次元モデルの構築

GCP の設定

テクスチャーの貼り付け

地形モデルの出力

オルソフォトの出力

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発掘された遺跡,遺物などの文化財を記録するため地上及び上空から撮影を行い、発掘された遺構・出土遺物の平面図、遺構図等を作成します。

またUAVに加え、位置の基準となる基準点・水準点の整備、詳細位置の地上実測も含め、作成する縮尺や現地状況に応じて対応します。

これにより、遺跡の分布図や包蔵地のデータベース化、地形の3D化などお客様の各種ニーズにお応えします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

超高感度カメラにより照度が極端に低いトンネル内でもフラッシュを使わない為、ムラのないオルソフォトを提供致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

         詳細についてはお問い合わせ下さい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左側面

右側面

底面

天井面

テクスチャー貼り付け

3Dアニメーション動画はGALLERYにて公開

オルソフォト

Copyright©2020 有限会社アペオ技研 All Right Reserved.

Visit us

〒448-0813

愛知県刈谷市小垣江町須賀222番地

Email  us

info@apeo.jp

Call  us

TEL 0566  27  8577

FAX 0566  91  3088

対応エリア

 

北は北海道、南は沖縄まで日本全国に出向いております。

時代の最先端を行く測量事業を推進してまいりますので、

お仕事の依頼など お気軽にお電話ください。

技術センター

〒448-0804

愛知県刈谷市半城土乙本郷128番地