APEOGIKEN

有限会社アペオ技研

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GCSv3はUAVで撮影する写真画像に正確に座標を付加する為のロガー装置です。

座標が付加された写真画像からバンドル計算を行うことで、出力された成果はそのまま座標を持つことになります。

 

特に2周波GNSS(GPS)であることから1周波に対し、初期化等の問題がなく安定した成果が得られます。

フライトだけで絶対座標を持つオルソ画像を始め3Dモデル、3D点群の出力が可能です。

 

 

GCSv3によれば、最も高精度な時間情報と言われるPPS(Pulse per Second)に 1/1,000単位で完全同期された画像、いわゆる高精度な位置座標を持った画像を得ることが可能となります。

GCSv3には2周波GNSSが内蔵されています。シャッターが切られる時の正確な位置

情報を記録しているので、専用のアプリケーションにより画像データに高精度な位置情報(exif領域)を与えることができます。高精度な位置情報を持った画像でオルソ画像処理や3Dデータ出力を行えば、対空標識など外部標定なしに世界測地系や平面直角座標(日本国内で一般的な測量に使用される座標系)に基づいた座標を得ることが可能となります。

 

 

 

 

 

 

 

 

デジタル一眼レフカメラを搭載し撮影された画像から後処理解析を施しオルソフォトや3D地形モデルなど、

最新のデジタル写真測量技術を駆使しお客様により良い成果品をご提供致します。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工事箇所を上空から撮影することにより、業務地区全体の把握、肉眼で見えない角度から建設プロセスの品質管理を行えます。

撮影した写真より、オルソ画像・点郡データ・3Dモデルを作成し、横断面図化での点検、土量の算出などの出来形管理も可能です。

また、上空からの完成状況の写真および動画撮影は、臨場感溢れるダイナミックな映像は、発注機関へのプレゼンテーションなどに活用できます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

UASを使用することで、広範囲の平常時の防災から災害発生後の現況把握が迅速に行えます。

人の立入りが困難な危険箇所を上空から撮影し状況確認することは、安全面で二次災害の回避に優れ、また次に人為的に行う救助活動や重点的に対処すべき箇所の情報提供に役立ちます。

ダム・橋梁・桟橋・電力設備などの点検、事故調査から、自然災害(土砂・火山・津波災害、山林火災)の防止や被災状況把握、土地の形成・生物や植生などの環境調査、また孤立集落の情報収集など、UAV計測の可能性は広範囲です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

総務省技術基準適合証明

本体機用プロポ

等高線図

オルソフォト

陰影図

レリーフ

DSM

総務省技術基準適合証明

画像転送用プロポ

産業ラジコン操縦士登録証

Copyright©2020 有限会社アペオ技研 All Right Reserved.

Visit us

〒448-0813

愛知県刈谷市小垣江町須賀222番地

Email  us

info@apeo.jp

Call  us

TEL 0566  27  8577

FAX 0566  91  3088

対応エリア

 

北は北海道、南は沖縄まで日本全国に出向いております。

時代の最先端を行く測量事業を推進してまいりますので、

お仕事の依頼など お気軽にお電話ください。

技術センター

〒448-0804

愛知県刈谷市半城土乙本郷128番地